ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【2分でわかる】「八重洲」の地名の由来。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

八重洲(やえす)ってどこ?

東京駅周辺の地名です。あそこの辺りは地名がいっぱいありすぎてどこがどこなんだかわからなくなりますよね。東京駅には八重洲口という出口もあり、そういった形で知っている人も多いと思います。

それでは地名の由来を見ていきましょう。

由来はヤン・ヨーステン

彼は江戸時代の初期に幕府の航海を助けた人物です。リーフデ号で日本に漂着してきました。

そして彼の名前がもととなり、やえすという地名ができたといわれています。ヤン・ヨーステンと「やえす」、ちょっと発音が似ているような気もしてきますね。

当時このような人材は貴重だったのでいい待遇だったんでしょうね。江戸城(現在の皇居)からとっても近い場所に住んでいました。そこが今の八重洲となり、地名として残っています。




最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次