ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【覚え方(ゴロ)付き】南都六宗をやさしくまとめ。

こんにちは。

今回は平安時代までに流行った仏教の宗派六つを紹介していきたいと思います。

目次

南都六宗って?いつの時代?

奈良時代に流行った6つの仏教の宗派です。合わせて南都六宗といいます。

ここからは大事なゴロ見ていきましょう。

6つの宗派の覚え方(ゴロ)、大事なのは2つだけ。

覚え方は「今朝、ほじくり(けさほじくり)」です。

  • 華厳宗
  • 三論宗
  • 法相宗
  • 成実宗
  • 俱舎宗
  • 律宗

の6つです。6つ出しましたが、大事なのは法相宗律宗だけなんです。試験に出てくるのもほとんどこの2つです。

というわけでここからはこの2つについて詳しく見ていくことにします。




法相宗

法相宗の特徴としては政治に口出しをするということが挙げられます。

主な人物としては

がいます。確かにどちらとも政治にかかわっていく人物ですよね。

行基は大仏作成の際に国の金属集めを手伝った人物で、玄昉は橘諸兄政権で活躍しましたよね?

律宗

律宗といえばこの男。鑑真です。鑑真さんは律宗だったんですね。日本に戒壇を持ってきたり唐招提寺を作った人です。

この宗派に関しては「鑑真=律宗」という感覚だけで大丈夫です。それ以外の場面ではほとんど出てこない宗派です。

まとめ

  • 南都六宗は法相宗・律宗が大事
  • そして覚え方は「今朝、ほじくり」

今回は以上ですね。




最後に

南都…七大寺の覚え方もゴロでやってます。詳細はこちら

そして南都~系のやつは天平文化に属します。ついでに見ておきましょう。こちら

仏教といえば、鎌倉仏教についての記事はこちら覚え方もあります。

いかがだったでしょうか?今回はゴロもつけてみました。お役に立てれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (17件)

コメントする

目次