ついに90000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。

「欧州情勢は複雑怪奇」とは。簡単にまとめ。

こんにちは。今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

「欧州情勢は複雑怪奇」とは、その意味

「欧州(この場合はドイツ)の政治情勢は複雑怪奇であり、私には到底理解しえない」というような意味です。

当時の首相の捨て台詞のようなものですね。

言ったのは誰?

当時の首相であった平沼騏一郎が残した言葉です。この首相は政策は目立ったことをしませんでしたが、この発言がかなり印象的な人物となっています。

背景

ドイツは日本と防共協定(ソ連を敵国とする)を結んでいたんです。

にも関わらず、ドイツはソ連と不可侵条約(仲良くしていく)を結びます。これに平沼はショックを受けてしまうわけです。

ここら辺は何でも真に受けてしまう日本人の悲しい性ですね。

ちなみにこの後ドイツはソ連を遠慮なく攻撃しています。確かに複雑怪奇かもしれないですよね。

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次