ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【やる気バリバリ】北条泰時のやったことをまとめ。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

北条泰時ってどんな人?

鎌倉幕府の執権(将軍の補佐役)の3代目です。補佐役といっても実際はこの人が政治を運営していくことになります。そして執権の中でもかなりの働き者です。

それでは彼のやったことを見ていきましょう。

連署の設置

だんだん将軍の役割がなくなっていき、ほぼお飾り状態に。逆に執権の役割が大きくなりとても仕事をこなしきれなくなっていました。そんなときに作ったのが「連署」。執権の補佐が役割です。

評定衆の設置

それまで適当にやっていた「合議制」なんですが、これを機に制度化しちゃいます。これが「評定衆」。実は江戸時代にも存在している組織なんですが、鎌倉のも江戸のも主に裁判についての組織です。

そして作られるのが武家初めての法律である「御成敗式目」です。

御成敗式目の制定

武士で初めての法律を作ります。そしてこの法律は今後様々な場面で利用されていく万能書になっていきます。

詳しくはこちら。

あわせて読みたい
【マイルール】御成敗式目を2つのポイントで簡単にまとめ。 こんにちは。 今回はこんなテーマでやっていきます。 【御成敗式目とは?】 鎌倉時代に3代目執権である北条泰時によってによって作られた武士の世界での法律です。 17条...

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次