ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【虚構】「ナショナリズム」とは。日本史的に解説。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

言葉の意味

簡単にいっちゃえば「愛国心」。

「国を意識する心」というのが本来の意味でしょうが、そこにマイナスの意味は含まれていないでしょうから、愛国心となります。

具体例のテーマは明治時代

江戸時代以前は日本国内が「~国」や「~藩」といった単位で分けられており、そこから出ることは基本的になかったんです。今みたいに移動手段が豊富ではないので仕方のないことです。

というわけで当時の人々は「日本」という単位で国をみていた訳じゃないんです。どちらかと言えば「~国」や「~藩」のような単位ですかね。藩が違えば異国同然といった感じです。

ところが明治時代になり、いきなり「日本」という単位が出てきました。と同時に今まで1番偉いと思っていた将軍様がいなくなり、代わりに天皇とやらが出てきたんです。僕が当時の人なら、間違えなく困惑しているでしょうね。

そこで政府が行ったのは「義務教育」。義務教育のなかには天皇のことについて盛り込んだ内容もあり、そのなかで明治時代の子供達は「天皇=偉い人」「私たち=日本国民(臣民)」という意識を植え付けられていったのです。

こうしたことが起こってできたのが日本における「ナショナリズム」です。

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次