ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【2分でわかる!】「アイデンティティ」を日本史的に解説!

こんにちは!

今回はこんなテーマでやっていきます!

目次

言葉の意味

端的にいうと「自分自身の存在意義」ですかね。「自分とは何者か?」

人々の生活として、近代以前だと基本的には家を継ぐのが仕事になっていました。その結果、家を継ぐだけで自分の存在意義を果たせていたんです。

つまり、この時点では「アイデンティティ」という考えはほとんどなかったわけです。

でも近代以降になると職業選択の自由が生まれ、家を継がなくてもよい家も現れました。その結果、自分の存在意義を見いだせない人が増え、このような言葉が出来ました。失ってから気づくものって多いですよね。

ここからは日本史的に解説していきます。

テーマは明治時代!

明治時代になると「四民平等」となり、江戸時代まであった身分区別がなくなり、農民をやる必要はなくなりました(とはいえほとんどの家では農家を引き継ぎましたが)。

と同時に産業が発展し、工場などで人が働く場所が増え、その土地(特に田舎)にいる必要もなくなっていきました。

今まで帰属していたものがなくなると、人は「この生き方でいいのだろうか」と不安になってしまうんですよね。

そんなこんなで明治時代の人々は「自分とは何者か」という問いに直面していったのです。あくまで都会に出られてそんなことを考える金銭的・時間的に余裕のある人たちの話ですけどね。

自由というのもいいことばかりではないんですね。

最後に

今回は以上です!ご覧いただきありがとうございました!

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次