ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【何者】蘇我氏とは?その正体をわかりやすく簡単にまとめ。(蘇我稲目・馬子・蝦夷・入鹿)

こんにちは。今回は蘇我氏についてです。

それではいってみましょう。

目次

蘇我氏の政界進出方法

蘇我氏は当時異端扱いされていた仏教を積極的に取り入れることで勢力を拡大しました。教科書で出てくる最初の蘇我氏は蘇我稲目です。

彼は仏教反対派であった物部氏と激しく争うことになります。

馬子

馬子が蘇我氏の全盛を築いたといっても過言ではありません。彼は

  • 崇峻天皇を暗殺
  • 物部守屋を倒す

などして政界のトップに上り詰めました。聖徳太子とともに政治を行い、権力を握りましたが、その横暴っぷりは他族からの不満も大きかったんです。

聖徳太子とともに馬子がやった政策はこちらにまとめてあります。

蝦夷・入鹿

馬子の子供が蝦夷(えみし)で孫が入鹿(いるか)ですね。

彼らは何と聖徳太子の子供である山背大兄王(やましろのおおえのおう)を自害に追い込んでしまいます。

これを機に他族も「明日は我が身」と危機感を募らせるようになります。




蘇我氏の最期、滅亡へ

そんなこんなで不満が大きくなっていった蘇我氏、大化の改新の際の乙巳(いっし)の変で滅ぼされてしまいます。

これにて蘇我氏の存在は政治からは存在しなくなりましたとさ。大化の改新についてのまとめはこちら

最後に

今回は以上です。ご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (8件)

コメントする

目次