ついに90000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。

蛮勇演説とは。内容を簡単にまとめ。

こんにちは。今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

蛮勇演説とは

松方正義(長州)内閣のころの問題です。

予算の削減をしていった松方内閣ですが、軍の予算は削りたくなかった。しかし軍事予算が削られそうになったとき、窮地に追い込まれた政府側が発言したものがこの発言となっています。

人間は追い込まれると本音が出やすくなりますよね。今回の演説においてもその「本音」側が出てしまった結果となっています。

やった人は樺山資紀

海軍大臣であった樺山資紀が蛮勇演説を行います。軍部の予算が削られそうになったということで軍部の大臣が直接発言を行います。よほど予算が削られたくなかったんですね。

内容・問題点

この蛮勇演説というのが「今の日本があるのは我々(薩長土肥)のおかげである」という内容。

この発言が藩閥政治だということで問題となりました。非難を大量に浴びた松方内閣は総辞職することとなります。

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次