ついに90000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。

田中義一とは何した人。やったことを簡単にまとめ。

こんにちは。今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

田中義一とは

やったこと

  • 田中義一内閣(政友会)、モラトリアムの発行により金融危機の解消
  • 田中義一内閣(政友会)、社会主義弾圧
  • 田中義一内閣(政友会)、外交のチグハグ化&中国侵略
  • 田中義一内閣(政友会)、パリ不戦条約に調印
  • 田中義一内閣(政友会)、張作霖爆殺事件を起こし、総辞職

田中義一内閣(政友会)、モラトリアムの発行により金融危機の解消

モラトリアムの発行や大蔵大臣高橋是清の紙幣大量増刷などもあり、金融危機は収束します。

しかし恐慌の後には必ず財閥が成長していき、カルテルや企業集中が顕著に。このころの財閥でいうと三菱・三井・住友・安田・第一の五大財閥が発展していきました。

田中義一内閣(政友会)、社会主義弾圧

三・一五事件や四・一六事件で検挙を実施し、共産党は壊滅的打撃を受けます。

さらに治安維持法を改正し最高刑を死刑に引き上げます。前は10年でした。

田中義一内閣(政友会)、外交のチグハグ化&中国侵略

協調外交を撤廃し、中国に干渉するようになりました。

当時中国では中国国民党中国共産党が対立していましたが、第一次国共合作により両党が団結しました。このあおりを受け、中国国内で日本に対するストライキも発生(五・三〇事件)。

しかしこの後国民党のリーダーであった蒋介石は反抗勢力の討伐をし(北伐)、共産党も排除してしまい結局元通り2つの党はバラバラになってしまっていました。

そんな中国に田中は出兵を行います=山東出兵。そこで済南事件などの武力衝突も行われました。という感じで中国にはきつい態度をとるんですが、

田中義一内閣(政友会)、パリ不戦条約に調印

パリ不戦条約に調印:ヨーロッパとは協調外交を継続していきます。

この中国に厳しく、ヨーロッパにこびる姿勢は外交上あまり良いものではありません。

田中義一内閣(政友会)、張作霖爆殺事件を起こし、総辞職

日本は中国にいた張作霖に援助を与え、蒋介石と衝突させようとしました。しかし張作霖は戦が弱かったため、日本は張作霖を爆殺します。

日本では満州某重大事件といわれたこの事件。これは関東軍の人間が独断で行ったことだったんですが、田中はこれにより天皇の不信感を買い、総辞職します。

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次