ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【当たり前】鎌倉幕府滅亡の流れをまとめ。(後醍醐天皇・足利尊氏・新田義貞・楠木正成)

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

主な登場人物

  • 後醍醐天皇
  • 足利尊氏
  • 新田義貞
  • 楠木正成

です。後ろの3人は悪党と呼ばれ、幕府打倒のために徐々に力をつけていった人たちでした。

後醍醐天皇の失敗

鎌倉幕府樹立の時と同じく、最初からうまくいったわけではありませんでした。後醍醐天皇は

  • 正中の変
  • 元弘の変

と2つクーデターを計画するも失敗。この後後醍醐天皇は隠岐に流されます。

三人の活躍

そこで

  • 足利尊氏
  • 新田義貞
  • 楠木正成

が登場していきます。

そして

  • 足利尊氏は六波羅探題(京都)を
  • 新田義貞は鎌倉

攻撃しました。

その結果幕府はなすすべもなく崩壊していきました。

鎌倉幕府は得宗専制政治が始まって以来、幕府としての役割を果たせずにいたのでこういった形であっけなく終わっていきました。

建武の新政へ

見事勝利を収めた悪党たち。政治はまずは後醍醐天皇にさせてみることにしました。こうして始まった政治を建武の新政といいます。

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次