ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【口封じ】明治14年の政変とは?まとめ

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

政治的・経済的な背景

政治的にはちょうど自由民権運動が台頭してきたころであり、政府はその対応にとても苦戦していた時期でありました。

経済的には当時はインフレを解消するために松方正義によるデフレ政策(松方財政)が行われていた最中でした。具体的には

  • 酒税を作る:大隈重信がやった
  • 官有物払い下げ:国の持っていたいらない施設を民間に売る。国としては購入金額GET&維持費削減のメリットがあった

をすることにより、デフレ政策は成功に終わります。しかし、事件が起こってしまうんです。




(開拓使)官有物払い下げ事件・明治14年の政変

関西貿易社五代友厚が国の黒田清隆から不正な値段で官有物を譲り受けた事件が起こってしまいます。

この事件を(開拓使)官有物払い下げ事件といいます。

この事件により、民権運動が盛り上がってしまい、政府は当時の民権派のリーダーである大隈重信を政界から追放してしまいます。そしてこの事件を明治14年の政変といいます。

大隈の逆襲

この直後、大隈重信は板垣とおなじく、政党を作り、政府に反抗していきました。

この時作ったのが立憲改進党。そしてこの党は板垣の作った自由党に負けるとも劣らない勢力となっていきます。

最後に

大隈や板垣のやった自由民権運動についてはコチラ

あわせて読みたい
【流れを徹底解説】自由民権運動をまとめ。(新聞紙条例・集会条例・国会開設の勅諭・秩父事件・三大事... こんにちは。 今回はこんなテーマでやっていきます。 【自由民権運動とは?目的は?始めた人は?】 明治時代の初期~中期にかけて行われていた運動です。 主な目的は 憲...

大隈が作った政党である立憲改進党についてはコチラ。

あわせて読みたい
【在野】立憲改進党(民主党系)の歴史を日本史的に総まとめ。(憲正本党・憲正会・立憲民政党) こんにちは。 今回はこんなテーマでやっていきます。 【作ったのは誰?】 大隈重信です。彼は明治14年の政変で中央政府から離れたあと、この政党を作ります。 支持基盤...

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次