ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【抵抗】「延喜・天暦の治」とは。やさしくまとめ。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

延喜天歴の治について

2人の天皇が行った政治改革です。いつかというと平安時代中期です。延喜の治と天暦の治があり、合わせて「延喜天暦の治」といいます。

特徴としては天皇が直接政治を運営していったことにあります。当時は主に藤原氏が政治を握っていたのですが、この時期は天皇が自ら政治を行っていきました。 このような政治の運営の仕方を親政といいます。

誰がやった?

  • 延喜の治は醍醐天皇
  • 天暦の治は村上天皇です。

ではそれぞれでやったことを見ていきましょう。

延喜の治でやったこと

延喜ということは醍醐天皇です。

まず彼がやったこととして挙げられるのは

  • 「延喜の荘園整理令」の発出
  • 「日本三代実録」の作成
  • 「古今和歌集」の作成

です。順にみていきます。

まずは延喜の荘園整理令 から。当時形骸化していた徴税システムを改善するために出した法令ですが、効果は薄く三善清行「意見封事十二箇条」 という本で効果の薄さを指摘されてしまいます。

次に日本三代実録です。六国史の最後のものとして出されました。

古今和歌集は最初の勅撰(天皇が作るように命じた)和歌集としてよく試験で出てきます。

天暦の治でやったこと

天暦ということは村上天皇ですね。

彼のやったことはたった一つ、それは乾元大宝の作成です。

乾元大宝本朝十二銭の最後のものとなっています。




最後に この後の政治

まずは藤原氏が政権を握る摂関政治が始まります。

あわせて読みたい
【やったことはこれだけ】摂関政治とは?仕組みを簡単にわかりやすくまとめ。 こんにちは。 今回は摂関政治についてまとめていこうと思います。 前回の記事を読んでおいた方が理解がはかどると思うので、ぜひ事前に藤原氏VS天皇の記事を読んで見て...

そして上皇が政治を行う院政

あわせて読みたい
【結局天皇】院政とは?簡単にまとめ。 こんにちは。 今回はこんなテーマでやっていきます。 【院政とは】 すでに退位した天皇(上皇)が権力を握り、政治を運営していく政治体系のことです。上皇は普段「~院...

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

コメントする

目次