ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【わかりずらい言葉…】「形而上」「形而下」を日本史的に解説。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

言葉の意味は?

「形而」という文字を「空想」に変えてみてください。

「形而上」という言葉は「空想上」となります。これがこの言葉の意味。形而下はその反対で現実にあるものという意味です。

形而上学と言えば普通は哲学のことを指します。

ここからは日本史的に解説していきます。

テーマは江戸時代!

江戸時代には4つの身分がありましたよね、武士・農民・商人・工人。

この中では武士が圧倒的に偉くて他の3つの身分の人は武士にへりくだらなければなりませんでした。

でもこれって全員人間ですよね?

本来同じ種類である「人間」に無理やり区別をつけているわけです。

武士は「武士というステータスがあるから」偉いのであって、武士そのものが偉いわけではないわけです。

この例でいうと武士・農民・商人・工人と分けていることは「形而上」のことであり、同じ人間であるということは「形而下」ということになります。

世の中は「形而上」のことだらけですよね。「~課長」、「~知事」、「~先生」・・・

最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次