ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【2ステップだけ】日本史の長い単語の暗記法をご紹介。

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

日本史ってやたら長い単語が時々出てきますよね。僕も始めのころはめっちゃ苦戦してました。でも2つのポイントに注力した結果、すらすら覚えられるようになりました。今回はその2つのポイントを紹介していきます。

目次

その①:細かい単語で区切り、簡単な言葉にかみ砕く

長い単語ってただ長いだけじゃなくて意味のある言葉の羅列であるパターンが多いです。なので一つ一つの言葉ごとにまとめてみると理解がはかどります。

言葉で伝えると分かりずらいと思うので後に出す例で確認していきましょう。

その②:リズムで覚える

これは長い単語を口に出して読んでみるというやり方になります。呪文のように読んでいっていると意外と覚えられるようになります。

大事なのは正しい読み方で読むことですね。間違った読み仮名で読んでしまうと後々苦労します。

これも後で具体例を用いてやってみます。

①と②どっちもやろう

ここまで2つ紹介していきましたが、この工程をどっちかではなくどっちもやっていきましょう。どっちもやっていくと覚えるスピードがどっちかの時より格段に上がります。

ではここから具体例を見ていきましょう。




例1「墾田永年私財法」

僕も初見で出てきたときはなかなか覚えられませんでした。でもこのやり方を使えばちょっとだけ覚えやすくなります。

まずは①からです。

「墾田永年私財法」という文字、「墾田/永年/私財/法」と分けてみましょう。

そして簡単な言葉でかみ砕いていくと「墾田(田を開墾すると)/永年(永遠に)/私財(自分の財産とすることが出来る)/法(法律)」という風になります。

こうすると一語単位でみるとそこまで難しいことは言っていないことがわかります。

次に②。

こっちは単純で「こんでんえいねんしざいほう」という呪文を唱えるだけ。これだけでもだいぶ効果があります。

例2「漸次立憲政体樹立の詔」

明治時代の単語です。これも初見で見ると間違いなく圧倒されます。でも意外と簡単。

まずは①から。「漸次立憲政体樹立の詔」を「漸次/立憲/政体/樹立の/詔」とします。

そして簡単にかみ砕くと「漸次(だんだんと)/立憲(憲法に基づいた)/政体(政治の体制を)/樹立の(作っていく)/詔(天皇のお言葉)」という風になります。何も難しくないですよね?

つづいて②。「ぜんじりっけんせいたいじゅりつのみことのり」と読むだけ。①をやった後に読んでみると意外と楽勝かもしれません。




最後に

いかがだったでしょうか?少しでも単語が覚えやすくなることを願っています。

ちなみに単語を覚えているときや授業中に寝てしまうのはれっきとした体の拒否反応。無理をするとこちらの記事のような感じになってしまうので気を付けてください。

寝ないための対策はこちら

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • […] あわせて読みたい 【2分でわかる!】「キーワード勉強法」について解説!初~中級者向け勉強法 こんにちは! 今回はこんなテーマでやっていきます! 【キーワード勉強法とは?】 その名のとおり、勉強の内容ごとにキーワードを作り、それをもとにして勉強を進めてい… あわせて読みたい 【3分でわかる!】「一人授業」勉強法のやり方!中~上級者用 こんにちは! 今回はセルフ授業(ひとり授業)についての細かい手順やポイントを解説していきたいと思います! 【一人授業とは?】 簡単に言えば一人で授業を行っていく… あわせて読みたい 【2分でわかる!】長い単語の暗記法2つをご紹介! … […]

コメントする

目次