ついに60000PVを突破。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます。YouTubeも開設したのでそちらも併せてご覧ください。

【進化】室町幕府の政治体系をまとめ。(管領・四職・鎌倉公方)

こんにちは。

今回はこんなテーマでやっていきます。

目次

重要なのはこの3つです

  • 管領(かんれい)
  • 四職(ししき)
  • 鎌倉公方(くほう)

の3つです。まずはここから覚えて他のものは後回しでいいです。

管領

将軍の補佐が目的。鎌倉幕府でいう執権ですね。

鎌倉幕府と違う点はなれる氏が一つではないということ。鎌倉時代は実質的に執権は北条氏しかなれなかったですよね。室町幕府の場合は

  • 細川
  • 斯波
  • 畠山

の3つの氏が管領になることができました。




四職、覚え方(ゴロ)も

侍所(鎌倉幕府と同じく軍事組織)の長官になることのできる4つの氏のことをこう言います。

具体的には

  • 京極
  • 山名
  • 赤松
  • 一色(いっしき)

の4つです。

覚え方もあって「京都の山は赤一色」という覚え方です。ちゃんと4つ入っていますよね。

鎌倉公方

鎌倉幕府の影響で鎌倉は大きな力を持ちました。そこで室町幕府の本部である京都から鎌倉に役人を派遣しました。鎌倉公方もなかなかの権力を持つことになります。

鎌倉公方の初代は足利基氏で、初代以外にも名前は出てきます。持氏とか。

鎌倉公方は結構な権力を持つようになったため、補佐役がつくことになり、これを関東管領といいます。関東版管領というわけですね。どっちも役割が補佐ですから。

この関東管領は上杉氏世襲(親から子へ職を引き継ぐ)でなっていくこととなりました。




最後に

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次